世界人口を激減させ、世界の指導者たちを倒そうとするグローバル計画

マリア・ディバインマースィー

世界人口を激減させ、世界の指導者たちを倒そうとするグローバル計画
2010年11月26日   金曜日  3:30

わが最愛の娘よ、間もなくあなたは一人の霊的指導者から指導を受けるだろう。だが、わが従者たちの多くが私に呼ばれるが、すべての者が応えるわけではないということを覚えておきなさい。知っての通り、私は人間への賜である自由意志に干渉できないのだ。わが子供たちが耳を傾け救われるために、いかにこの緊急の仕事を続けることが重要であってもだ。


誤ってはならない、変化は進行中であり、間もなく、非常に多くの印があるので、地上の人間でそれに気づかない者はほとんどいないだろう。私が言う印とは、ヨーロッパにおけるわが祝されし母の出現によって、ヴィジョナリーたちを通して与えられているような印である。心を開き、罠に掛った霊魂を開く、多くの者たちが、このメッセージが天からのものであることを悟るだろう。わが子供たちが、太陽によって見られる奇跡的印を眼にするとき、彼らは真実を知ることだろう。

人々がこのメッセージ(manuscript)の内容を読んで、非難、嘲り、憎悪を露わにしても、無視しなさい。聖霊の賜をもって仕事にいそしんだわが使徒たちにも同じことが起きたのだった。あなた、わが娘にもまたこの賜が与えられている。その賜を決して拒んだり、疑ったりしてはならない。これは現実のことであり、今あなたはそのことを知っている。終(つい)に、あなたの疑いは消えつつある。

あなたに言った通り、私はあなたに助けを送る。今、この約束の印が明らかになるだろう。私はまたあなたに未来の出来事の知識をも与えよう。その知識は、あなたが、信じない者たちをも含めたすべての者たちに伝えなければならないことである。もし彼らが最初は信じずともそれがどうだというのだろう、なぜなら、出来事が起これば、彼らに真実を認める以外に選択肢は無いからである。

戦争を周到に準備する計画
戦争を画策するワールドパワーによる進行中の邪悪な計画―世界の人口を減らす目的の計画が存在する。これらの邪悪なるものたちが地上にもたらそうとしている強いダメージを回避するために、今、祈りに祈りなさい。彼らの欺くものへの忠誠により、彼に与えられたサタン的力によって、彼らはどんなことをしてでも自分たちの仕事を実行する決意を固めている。

教皇ベネディクトを倒す計画
教会やヴァチカンをも含む様々な宗教を支配するための計画もまた進行中である。わが教皇、わが最愛のベネディクトは、彼の失脚を企(たくら)む者たちに囲まれているのだ。自分たちと同じ階級に潜む力に気づかぬ世界の指導者たちもまた、彼らを倒そうとの意図によって標的となっている。

わが子供たちよ、目をさまし、戦いなさい。これは、地上で眼にされたいかなる戦争とも異なるまさしく本物の戦争なのだ。これは、あなたたち、わが子供たちの一人ひとり、すべての者が関わる戦いなのだ。あなたたちが標的なのだ。問題は、あなたたちには敵が見えないということである。内心臆病な彼らは姿を見せる勇気がない。

秘密の会合
自分に執着した彼らは、あなたたち自身のコミュニティー内で秘密裡に会合し、彼らはあらゆる職業の中に散って存在する。彼らはあなたたちの政府内だけではなく、あなたたちの司法システム、警察、商業界、教育システム、そして軍隊に存在する。

これらの者たちに、祈り方を指図させてはならない。彼らがどのようにあなたたちの生活を管理しようとするか注意していなさい、そして未来に横たわることのためにいま準備し始めなさい。


世界規模のワクチンへの警告
何よりも先ず、グループで祈りなさい。サタンの熱烈な支持者である者たちのために祈りなさい。祈りは、これらの災害のあるものを回避させる一助となる。ワクチンによって彼らが行おうとしている残虐行為に警戒しなさい。その意向に憐みを感じるとしても、ワクチンを打つための突然の世界規模の計画を信用してはならない。警戒していなさい。できるだけ多くの人間を支配するために、国ごとにこれらのことは共謀されている。

私に祈るわが従者たちを私は護るゆえ、恐れてはならない。真実を広めようと決心した、あなたたちの中の勇敢なる者たちのためにもまた祈りなさい。これらの者たちの多くが笑われているが、彼らのほとんどは真実を支持しているのだ。

食料備蓄
食料供給業者を当てにしてはならない。将来のために、いま準備しなさい。食物を蓄え始め、自分自身で植え始めなさい。戦争が始まるがごとくに備蓄しなさい。そうする者は心配ない。祈りと信仰はあなたたちの霊魂を強くし、これらの者たちの邪悪なる者たちのやり方からあなたたちを救う。家族を崩壊せんと目論む法律を強要することで、彼らにあなたたちの心、あるいは信仰を支配させては決してならない。彼らは必死に、離婚、性的、宗教的自由を含む分離を奨励することで家族を分裂させようとする。

世界の指導者たちの謀殺
彼らは国々の間で憎悪を掻き立て、暗殺によって世界の指導者たちを殺害し、国民に彼らの独裁政権に頼るよう強要することで自由を剥奪する。もしサタンの影響下にあるグループに従がうことを選択したこれらの者たちが、この邪悪な残虐行為に背を向けなければ、神はこれ以上彼らの邪悪さに寛大たり得ないゆえ、その怒りはまもなく目にされることだろう。彼らのために祈りなさい。

あなたたちの国であなたたちが誰に投票するかに注意しなさい。彼らの語る言葉によって、彼らがいかにあなたたちに示されるかに注意しなさい。あなたたちに警告しようとする者たちの言うことに耳を傾けなさい。耳を傾けない者たちもまた救われるために回心するよう、彼らのために祈るよう私はあなたたちに促す。

私が語るこれらの出来事は、間もなく起き始めるだろう。固く団結し、あなたたち自身の食料を準備し、自分たち自身の野菜を育てる努力をし、そして他の生き抜くための物を(準備しなさい)。これはあなたたちに仕掛けられた戦争であるのだが、そうは見えないのだ。ひたすら警戒せよ。

教会は禁止されるだろう
あなたたちの中で、勇気を奮い起して自分の教会に戻る者たちは、決して公然と祈ったり、あるいは自分の信仰を示すことを恐れてはならない。あなたたちの中で、教会(の存在を)を当然だと思っている者たちは、そう思ってはならない。あなたたちの信仰を公けに表すというまさにこの賜があなたたちから取り去られてはじめて、真実は徐々にあなたたちに理解されるからである。このことはあなたたちを怒らせるだろう。

わが娘よ、わが民にパニックを起こさないよう告げなさい。彼ら、わが従者たちは救われ、わが地上の新しき楽園を待つべく雲の中へと私と共に携挙されるだろう。彼らはわが新しき楽園を享受し、この新しき永遠の命において分かれた家族と再開するだろう。彼らは強くあり、祈り、そして互いに愛を示し合わねばならない。とりわけ、自分たちの行動が、これから訪れる来世にどんな意味を持っているかを考えない、失われし、欺かれている者たちのために祈り、祈り、祈りなさい。

生ぬるくなっている者たちへ
他のわが子供たち、生ぬるくなっている者たちもまた祈りなさい。彼らは私に立ち戻らなければならない、しかもすぐにだ。子供たちよ、互いの愛のために、これらの者たちに真実について警告するのを躊躇(ためら)ってはならない。彼らもまた失われることがないよう、模範によって、祈りの重要さを彼らに示しなさい。

強くありなさい。決して欺くものの軍勢に屈してはならない。決して。あなたたちが信じることのために立ち上がりなさい。今、あなたたちの家族を護りなさい。私に立ち戻りなさい。毎日、わが御憐み(「御憐みのチャプレット」)を祈りなさい。あらゆる場所のキリスト教徒よ、ロザリオを祈りなさい。わが母のとりなしによって、あなたたちを私の元へと立ち戻らせてもらいなさい。

わが子供たちよ、私はあなたたち皆に叫んでいるのだ、そしてわが従者たちはいま、この悪に対して私と共に大挙して挙(こぞ)る必要がある。祈りが答である。

あなたたちの最愛の救い主、イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM