世界は大いなる変化の変わり目にある
2014年8月18日 月曜日 18:47

わが親愛なる最愛の娘よ、神の子供たちが世界で紛争を眼にし、正義の名のもとに行われる恐ろしい残虐行為を眼にする時、その時には次のことを知りなさい。他人(ひと)に対して行ったことは、そのまま同じことが自分に対して行われるのだ。わが正義は私に固有に備わるものであり、わが憐みは豊かである反面、わが罰が忘恩かつ邪まな者たちの上に下されるとき、それは恐るべきものである

私はいかなる人間にも害を加えない、それは私からのものではない。だが悪が神の子供たちを苦しめるとき、また悪が広まるとき、私はわが正義をふるい、正義の時が到来したことを誰ひとりとして疑わせない。悪は罪に由来する。罪に屈した者は常に、迅速に、私の眼において自分自身を取り戻さなければならない。そうしなければ、罪は拡大し、もしあなたたちが、憎悪と激しさに満ちた者を絞めつけるサタンの首枷を疑うなら、あなたたちはサタンの支配からそのような者たちを解放することはきわめて難しいということを知らなければならない。

一たびサタンがある者に影響を及ぼし始めたなら、サタンは、精神、行為、行動が邪悪なものと一致するようになるまで、繰り返しその者を苦しめる。その支配された者は、最後には、憑依(ひょうい)され、私、イエズス・キリストだけが、「悪魔祓い」によってその者を解放できるのだ。一人の人間は非常に短い間に憑依され得るが、その者をサタンの支配から解放するには数年かかり得る。であるから、わが罰が感じられるとき、それは悪を根絶するためであり、他人の命を奪う悪人を罰するためである。私は身体から命を奪う者たち、また霊魂から命を奪う者たちを罰するだろう。わが眼はすべてを見渡すので、悪事を働く者の誰ひとり隠れることはできない。

あなたたちのかくも多くの者たちがわが愛を知っている。いかにわが憐みが大きいかということについて、あなたたちは疑わない。だが、あなたたちが伝えられてきたこととは異なるゆえ、死すべき人間は、神の怒りを知らない。神の怒りは本物である。神が、サタンが神の子供たちを滅ぼすのを許し、手をこまねいて見ているとあなたたちは思うのか。あなたたちは、サタンのすべての気まぐれや欲望に屈した者たちを神が罰しないとでも思ったのか。善き者は死ぬかもしれないが、彼らは命を得る。邪悪な者は生きるかもしれないが、命を持たない

世界は大いなる変化の変わり目にある、そして神が前もって伝えたことはすべて起こる。神が起こると言ったことすべては起こる。警告のために私があなたたちに預言を与えたにもかかわらず、依然としてあなたたちは耳を傾けなかった。人類が準備をするために世に与えられた多くの私的啓示をあなたたちは退けた。依然としてあなたたちは耳を傾けなかった

世界の破壊の規模が縮小されるようあなたたちは祈らなければならない、未来に横たわるものをもしあなたたちが目にしたなら、あなたたちは憐みを乞うてわが足下に伏すだろうからである。地上のわが教会においてわが言葉を存続させなかった者たちは、そうでなければ救われた何百万もの者たちの滅びに対して責任がある。

恥を知れ、一方で真理の一端を宣言して私をあなたたち自身のものと呼び、他方では私をののしるあなたたちよ。罪のために、そして自分たちの創造主から離れることによって私が忍ぶ苦しみと悲しみは終わるだろう、わが時は到来したからである。悪がエスカレートするので、霊魂をめぐる最終的戦いにおいて、神の罰は悪人がその兄弟姉妹に対して行ったことの十倍であるということを知りなさい

わが愛を恐れるのではなく、わが正義を恐れなさい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM