一たびわが父によって霊魂が創造されたなら、それは永遠に存在する

一たびわが父によって霊魂が創造されたなら、それは永遠に存在する
2014年3月22日 土曜日 14:00

わが親愛なる最愛の娘よ、もしあなたたちが十字架上のわが死を受け入れるならば、死は決して恐れられてはならない。死は、この世からわが聖父の王国へと移る通過の瞬間に過ぎない。死を恐れることはわが憐みを否むことである、私は、私を認め、自らの罪の赦しを願う者すべてを救うからである。

一たびわが聖父によって霊魂が創造されたなら、それは永遠に存在する。もし人が、私がそれを求めることを許すなら、霊魂は永遠の命を有することになる。そうではなく、霊魂が、私が誰であるかを知った上で私を否むならば、霊魂はサタンのものとなって失われる。

ひとりの人間の地上での死は、その誕生同様、自然のことである。霊魂が肉体を離れて私のもとに来ると、それは豊かな恵みに満たされ、地上では決して得られない大いなる愛、喜び、幸福に満ちたわが聖父の家族―わが聖父の王国へと包み込まれてゆく。人生で、愛、喜び、幸福を経験してきたあなたたちの多くの者たちは、永遠の命が味わうそれらのもののほんのかすかの香りを嗅いだに過ぎない。あなたたちは、心に喜びを持って、わが聖父の王国に入る瞬間を求めて常に奮闘しなければならない、それは歓迎されるべき瞬間でこそあれ、恐れられるべきことではないからである。

もしあなたたちが死に直面せざるを得ないとき、あるいは愛する者が死に直面せざるを得ないときには、いつも、助けを求めて私、あなたたちのイエズスに頼りなさい。この祈りを唱えてそうするならば、私はあなたたちの心を挙げ、涙をぬぐい、あなたの心から恐怖を一掃するだろう。

十字軍の祈り第142番―死の準備
「わが愛するイエズス、わが罪を赦し給え。わが霊魂を浄め、御国(みくに)に入(い)るべくわれを備えさせ給え。

御身(おんみ)と一つとなる備えをする恵みをわれに与え給え。われが恐怖に打ち勝つを助け給え。

わが心、わが霊魂を備える勇気をわれに与え給え、そは、われが御身の御前(みまえ)に立つにふさわしき者とならんがためなり。

われ御身を愛し奉る。われ、わが肉身(にくしん)、わが心、わが霊魂においてわれ自身を永遠(とわ)に御身に捧げ奉る。御身の御旨をわが意志となし、われを苦しみ、疑い、あるいは混乱より解き放ち給え。アーメン」

この祈りを唱える者のすべてを、私は例外なく迎え入れよう。死に直面していながらも私を信じてはいない者が、その最後の日々に、日に三回この祈りを唱えるとき、わが憐みは特別に施されるだろう。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM