ルシファーを堕(お)とし、切り離し、地獄の深淵に投げ入れたのは、傲慢の罪であった

ルシ ファーを堕(お)とし、切り離し、地獄の深淵に投げ入れたのは、 傲慢の罪であった 2013年5月4日  11:35pm

わが愛しき最愛の娘よ、わが言葉が多くの耳に聞かれているゆえ、 私は、あなたたちの中で私の言うことを聞かない者たちに警告するためにやってきた。あなたたちは何を恐れているのか。私の言葉か、それと も諸大陸浄化のためにあなたたちが目撃しなければならない変化をか。私があなたたちに新しい教えをもたらすことはないということを知らな いのか、それは必要ではないからである。私はあなたたちに真理を思い起こさせるために語りかけているだけなのだ。

あ なたたちの多くの者が、私について知っていると信じ込んでいるが、あなたたちは何も学んではいない。わ が聖なる言葉を解釈するということになると、神の眼に自分が他の者たちよりも優れていると思うあなたたちはだれなのか。私を冒涜する権威 があると思い込み、それでいて私を愛しているというあなたたちはだれなのか。あなたたちには、預言者たちを通して神の子どもたちに救いの 手を差し伸べる私を阻止できない。あなたたちは、なぜ私の声を憎むのかを自問しなければならない。私が、わが大いなる日のためにあなたたちを準備させてい るだけであるのに、わが言葉を酷評するあなたたちが、どうして私を愛することができるだろう。

人間は非常に弱い者である。私に対する愛が強い敬虔な者たちでさ え、弱いものだ。何人(な んぴと)も、 彼が自分の霊魂に罪の羞恥を持たずに私の前をいつも歩いているなどと思ってはならない。あなたたちのだれひとりとして、私の前に立つにふ さわしい者などいない、だが私はわが愛による憐れみをあなたたちに与える。それは、あなたたちにふさわしいからではない、それは単に、私 がこの賜物をあなたたちに与えることを選んだゆえである。

私に関して熟知していると主張し、そしてわが預言者をののしる者 たちは、このことを知りなさい。神の言葉をののしるならば、あなたたちの信仰は救いとはならない。神の前で、神の子どもたちの一人を裁く なら、あなたの言うところの神への愛とは無意味なものである。あなたたちが私に対して、不敬、怒り、憎しみを示すと き、あなたたちは、自分たちとわが父をつないでいる頼りの綱を切断しているのだ。あなたたちが私につばを吐きかけるなら、あ なたは盲目となり、二度と見えることはない。あなたたちが憎しみの言葉を吐くなら、舌は切り落とされる。あなたたちが立ち上がって、すべ ての者に、あなたたちの自ら主張する神に関する知識を宣言するなら、あなたたちの脚は切り取られ倒れるだろう。あなたたちが、わが預言者 を邪悪なものとみなすならば、あなたたちには命はないだろう。

わ が言葉は決して死なない、それは永遠に生きる。 これらのメッセージを通して、神の憐れみを無視する罪びとたちを、わが言葉は踏みつけるだろう。今、私を拒むならば、最後に、私があなた たちをわが王国へと集めるためにやってくる時にもたらす自由を、あなたたちは拒むことになるのだ。大いなる日の前に、あなたたちがわが眼 において自分自身を贖(あ がな)う ための時は多くは残されてはいない。ルシファーを堕(お)と し、切り離し、地獄の深淵に投げ入れたのは、傲慢の罪であった。傲慢の罪―神から遠く離れさせる罪である―によってルシファーに従う者た ちは、堕ち、二度と神の前に立つことはないだろう。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM