メディアとそれに対する来るべき検閲

マリア・ディバインマースィー

メディアとそれに対する来るべき検閲
2011年1月1日   土曜日  2:00

わが最愛の娘よ、私が審き主として来るときに人類が準備ができているために、わが最愛の子供たちがいかにして自分の生活を変えるかについて私からさらに学ぶその一年が始まる。

わが素晴らしき(beautiful)子供たち―私がわが聖心(こころ)に抱きしめる者たちよ、あなたたちは今、耳を傾けなければならない。あなたたちが私と真実―あなたたちの罪のために私が十字架上で死ぬ前にあなたたち皆に約束した新しき楽園の真実を受け入れるなら、私は決してあなたたちを見捨てない。時は近づいている、わが最愛の子供たちよ。決して恐れてはならない。もしあなたたちが私を愛しており、また私を信じているなら、何を恐れることがあるだろうか。愛は恐れないからである。愛は喜びであり、幸福であり、永遠の命を信じる者すべての者のためのものである。天国には恐れるものは何一つ無い。私はあなたたち皆を愛している。

キリストの再臨における神の母の役割
人類の新しい始まりの先触れとして、懐妊の瞬間にわが存在を受け入れるという杯(さかずき)を手に取る責任のあったわが最愛の母はまた、わが再臨の先触れをする。

私は、私に憐みを求めてくる者たちすべてを救い出すだろう。世に贖いと救いをもたらすために永遠の聖父によって送られたわが母は、再び私のそばに立つ。

光の天使であるわが最愛の母は、わが憐みをもたらし、地上へのわが再臨を先触れするだろう。無原罪の御孕りであるわが献身的な母は、仲介者として、世がわが再臨に備えるのを助けるだろう。わが母は何世紀にも渡って人類を準備させてきた、だが、今、この百年は、時として淀みがちなあなたたちの、私とわが永遠の聖父に対する愛を燃え立たたせるべく、あなたたちの心に愛を注ごうとしてきた。

出現によってわが母が地上の注目を集める一時(いっとき)があった。悲しむべきことに、ファティマとガラバンダル以来、わが聖なる僕たちは聖なる出現を重大なものとはとらえない。今、2011年という年の始まりにおいて、世界で多くの、多くの変化が起ころうとしている。これは、わが子供たちよ、あなたたちがかつて知っていたように、世界は変わろうとしているからである。

未来に関連するファティマの秘密
あなたたちの無垢で信用しやすい者たちのかくも多くが、姿を現そうとしている悪を理解していない。わが子どもたち―私はそれに好奇心からこれらのメッセージを読んでいて霊的な不一致を感じているかもしれない者たちを含めるのだが、今、聴きなさい。

あなたたち、およびあなたたちの兄弟姉妹は、件(くだん)のグループによって指示されている、ファティマの秘密で預言された世界へと導かれている。そのことはあなたたちが内々関係するものではないが、まもなく以下の事々が明らかになる。

1. 貨幣の価値はなくなり、取引は金か銀でなされるようになる。

2.あなたたちはグループとなって祈りかつ迫害に向う勇気のある聖なる僕を見つける必要がでてくる。

3.教会は金銭取得のために売り払われることになるゆえ、あなたたちは祈るための避難所を見つけなければならない。

4.あなたたちは今まで読んだこともないかもしれないが、聖書を保持しておきなさい、将来、購入することができなくなるものと思っていなさい。

5.人類の救いのために祈る祈りのグループを作りなさい。三年の中に、あなたたちはそれが重要なことを理解するだろう。

メディアの検閲
メディアに対して次のことを言う。世間への情報発信者として今日あなたたちが見せる尊大さは、もはやあなたたちの言葉が聴かれなくなったときに絶望と化すだろう。まもなく人間が真理から離れるとき、あなたたちもまた祈りの重要さを悟るだろう。今日のあなたたちの言葉は、依然として重要な独立した真実を伝えている。だがこの賜は今やあなたたちから取り去られようとしている。そして、大患難の間にあなたたちが眼にすることになる独裁制によって真実は人類から隠蔽されるだろう。

その時、あなたたちの言葉は、まさにわが言葉が否定されるように否定されるだろう。

秘密のチャンネルによる伝達
どんな言葉であれ影響のあるもので人間に発信される唯一の言葉は、テクノロジーによって秘密のチャンネルで世界に発信されるゆえ、あなたたち(メディア)の言うことに耳を傾ける者はいなくなるだろう。あなたたちは荒れ野にいる自分たち自身をを見出し、あなたたちの声が聴かれないまさにその時点で私がそうするように、あなたたちは不信仰の世に語りかけるということになるのだ。

独裁者たちに注意していなさい
あなたがどのような道で神に従っているかにかかわらず、あなたたちは恐れずに、ただ、いま私の言うことを聴きなさい。あなたたちの世界に独裁者を押し付ける者たちと闘いなさい、彼らはサタンの者たちだからである。嘘を振りまくためにいかに彼らがあなたたちに利益をもたらそうとも、それに騙されてはならない。痛悔しない限り、彼らは永遠の地獄に向うことになる。だが時は彼らに味方しない。あなたたちが眼にする不正の報せに対して、自由を掛けて戦いなさい。あなたたちが私を信じていようとも、あなたたちがこの預言が実現するのを眼にする時に、その時、あなたたちははわが教えの真実を悟るゆえである。

啓示の書
今日の世界は、経済的衰退のために傷つき痛めつけられている様に見えるかもしれないし、これからは物事は好転すると信じやすいだろう。然(しか)り、わが子供たちよ、過去においてはそれは自然な考えであったろうが、もはやそうではない。サタン的起源と一心同体である、あらゆる国々に存在する世界的組織の中核グループによって作られた陰謀は、今、その姿を現す準備ができた。あなたたちの中の私を信じていない者たちは今や、終(つい)に、わが聖父の書(聖書)と啓示の書(黙示録)に書かれてある預言を理解するだろう。

恐れるな、わが子供たちよ。私に向き直り、私的に自分自身の言葉で私に語りかけなさい、そうすれば私はあなたたちに、この人類の歴史における暗い航海を続けてゆくための力、希望、エネルギーを与えるだろう。

このメッセージを読んでいるあなたたちは注意深く考えなさい。もしあなたたちがその内容を疑うなら、そのときには周りを見回し、印を勇気をもって熟考するかどうか決めなさい。わが永遠の聖父によって賜として与えられた自由意志行使の自由がいま不当に圧力を加えられていることに気付かないか。私、そしてわが永遠の聖父は、この神からの賜、かくも聖なる賜には断じて介入しない。だが、もし人間がサタンと地獄の火を受け入れるならば、その時はそうなる。

神、わが永遠の聖父はそれに介入できない。だがサタンはこの賜をあなたたちから取り去ろうとするだろう。あなたたちが、あなたたちの力の及ばないい力によって自分たちの自由意志が取り去られようとしていることを知るとき、その時あなたたち邪悪なるものがその背後にいることを知るだろう。

サタンは決して勝つことはない
どうか、どうか警戒していてほしい、わが貴き子供たちよ。もしあなたたちの中の十分な人数が祈り、立ち上がるなら、あなたたちは霊魂を救うことができるのだ。サタンとその軍勢が勝つことは決してない。決して。それはあり得ないことである。神だけが、この恐ろしい戦いを終結させる力を持つ。

私、あなたたちの救い主にして任命された審判者は、今、あなたたちが恐れているにしても、立ち上がり、勇気を出し、あなたたちが心で正しいと思うことのために闘うよう促す。恐怖はサタンによってあなたたちに与えられる。恐怖は決して私、あるいはわが永遠の聖父によってあなたたちの心に植え付けられるものではない。

疑いの心を除き、愛に対して心を開き、恐れてはならない。愛は神から来る。あなたたちに言った通り、愛とは、あなたたちが心を開かなければ感じるものではないのだ。愛と、この地上の創造主である永遠の聖父なる神とは切り離せない。愛と神とは切り離せない。切り離されるとしたら、その時はサタンが働いているのだ。

さあ行きなさい、わが子供たちよ、そして決意を固めなさい。あなたたちは、わが至聖なる心によって包まれる愛を欲するのか、それとも恐怖をか。それを決めるのはあなたたちである。

あなたたちの神なる教師、救い主、そして憐みの正しき審判者

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM