ユダヤ人に対して、ホロコースト以来最大の凶事が企てられている

マリア・ディバインマースィー ユダヤ人に対して、ホロコースト以来最大の凶事が企てられている
2012年1月11日   水曜日  15:00

わが親愛なる娘よ、今、光の者たちではないグローバルパワーによってなされている工作を見なさい、それはわが民に敵対する運動に取り掛かるための試みである。私はキリスト教徒と、わが選ばれし民、ユダヤ人のことを言っている。

邪まで狡猾な方法でキリスト教の実践を一掃するための邪悪な陰謀が企てられている。それはあらゆる西側諸国の法令の改正をもって始まる。

わがキリスト教教会に対して、口さがない主張をなすためのすべての試みがなされるだろう。わが聖なる僕たちは、わが信徒を霊的サポートのほとんどないままに放置して、徐々に身を引いてゆくだろう。すべてのこれらの法令は、狡猾に外的寛大さをまとっているだろう。

あなたたちの信仰は、わが子供たちよ、かつてないほどに試されているのだ。

キリスト教、そして公けにわが名を宣言するいかなる試みも、妨害を受けるだろう。空虚な教義が座を占め、信徒は混乱するだろう。実際にはそれが虚偽であるにもかかわらず、人々はその教義が良いものであり、適切に真理を代用するものであると考えるだろう。この邪悪なる集団は非常に強力なので、その存在を知る者はほんの僅かである。だが、彼らはあらゆる場で、陰で糸を引いているのだ。

わが子供たちは操り人形のようである。わが選民、ユダヤ人は、再び恐ろしい迫害に遭っている。彼らを倒そうとする計画は進んでいる。

ユダヤ人が自分たちの友人だと思っている者たちが、その敵なのだ。ユダヤ人はこのような試練に遭っている。私は、イスラエルのために祈るよう、全人類に呼びかける。わが民に対して、ホロコースト以来最大の凶事が企てられている。

反キリストのグループの、これらの邪悪な行いが阻止されるよう祈りに祈りなさい。大警告の間、これらの闇の中にある者たちが自らの罪を認めるためには、あなたたちの祈りが必要なのだ。彼らが鎧を脱ぎ捨て、わが憐みを乞い願うよう祈りなさい。もし彼らがそうするなら、イスラエルにおける戦争と、騒乱は半減され得るだろう。

多くの預言は、今、あなたたちの目の前で展開する。わが約束に対して盲目な者たちは、再び見えるようになるためにわが憐みの光が与えられなければならない。

外面的に良く見えるものが常にそう見えるままのものとは限らないのだ。調停役の兵力―その多くは何も知らない駒に過ぎないが―準備されつつある。

決して恐れてはならない、何世紀にもわたってわが教会に対して陰謀を企ててきたこの集団の上に、わが憐みがその重大な影響力を及ぼすからである。

彼らは勝つことは出来ないし、実際に勝つことはない。だが、祈りが彼らの邪悪なる支配を弱めることがなければ、彼らはとてつもない恐怖を惹き起こすだろう。私が語った反キリストとそのグループを阻止する手助けとなる新しい十字軍の祈りを唱えなさい。

十字軍の祈り第18番―反キリストとその一味を阻止する「おお愛するイエズス、反キリストより世界を救い給え。サタンの凶悪なる誘惑よりわれらを護り給え。御身の教会の、最後に残りし者たちを悪より救い給え

御身のすべての教会に、われらがサタンとそのテロリストの軍勢によって謀(はか)られし戦争と迫害より、われらを護るに必要な力と恵みを与え給え。アーメン」

あなたたちの最愛のイエズス
全人類の救い主にして贖い主

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM