カトリック教会の司祭たちへ―私は、わが至聖なるロザリオを常に携帯

マリア・ディバインマースィー
救いの母:カトリック教会の司祭たちへ―私は、わが至聖なるロザリオを常に携帯するよう強くあなたたちに勧めます
2013年10月14日 月曜日   15:30

わが親愛なる子よ、あなたたちのだれであれ、あなたたちが遭う誘惑、真理―神の言葉に背を向けたいという誘惑に自力で抗(あがら)えるほど強いなどと、一瞬たりとも思ってはなりません。持続する祈りなしには、あなたたちは虚偽が提示されるときに、立ちあがり、真理を宣言することはできないのです。

既に地上のわが息子の教会を闇が被い始めているので、あなたたちは皆、十字軍の祈りを唱えなければなりません、また、あなたたちは毎瞬、このことに対して備えなければなりません。

カトリック教会の司祭たちよ、私は、わが聖なるロザリオとベネディクトの十字架を常に携帯することをあなたたちに促します。あなたちは日々わが聖なるロザリオを唱えなければなりませんし、また、教会の高位の者たちのだれが人前でわが聖なるロザリオを祈るかを注意して見ていなさい。私が敬われているなら、そこにいる皆によって私の前でロザリオが祈られなければなりません。神の玉座の御前で私に助けを願うように信徒を導くと言いながら、わがロザリオを祈ることができない者たちがいるなら、その時には彼らにはあなたたちの祈りが必要です。ロザリオを唱えないで、助けを求めて私の眼に来ることは実質が伴わない行為です、それは兵士が鎧を付けずに戦場に向かうに等しいからです。

わが聖なるロザリオはもっとも強力な祈りで、日々祈られれば、邪悪なるものの力を打ち砕きます。霊魂がサタンによって黒くされてしまった者たちにとっては、この祈りを唱えることがあまりにも苦痛なのです。その行動によってあなたたちはその人となりを知るでしょう、ですからあなたたちは、わが息子の御憐れみを通して彼らを神の光に近づけてくださるよう神に願わなければなりません。

あなたたちの最愛の母
救いの母

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM