オリーブの園で私が視た最もおぞましいものは、終りの時の鞭のような罪であった

マリア・ディバインマースィー

オリーブの園で私が視た最もおぞましいものは、終りの時の鞭のような罪であった
2013年3月25日 月曜日   14:50''
 

わが親愛なる娘よ、オリーブの園で私が視た最もおぞましいものは、終りの時の鞭のような罪であった。サタンによって見せられたヴィジョンのあいだ、魂を滅ぼす人間が神の掟から離れるのを視た。彼、邪悪なるものは、私に恐ろしい映像を見せ、私がわが聖父(ちち)の御旨(みむね)から離れ去らねばならないあらゆる理由を示して私を試みた。彼は私を苦しめたいと思い、それでわが十字架の死にもかかわらず依然として彼が有することになる力を示したのだ。

私は地上のわが教会の最終的破壊を見せられた―メーソングル―プによる教会内での権力掌握、人間の不道徳、恥ずべき肉の罪に耽ることによる神の子供たちの羞恥心の欠如、罪なき者たちの殺戮、わが名によって語ることを誓約した者たちが誤りに陥ることを。

サタンの力は非常に強力なので、私が神の子であるということについて、私の心に疑いを植え付けた。私は、わが神性によって、罪に屈することはできなかった、だが、いかに悪が人間を私から引き離し得るかをあなたたちが理解できるよう私は次のことを言う。

サタンはあからさまには悪を示さない。あからさまにではなく、彼は悪を善で偽装させるのだ。彼は狡猾で、あなたたちの中の最も聖なる者をすら騙して偽りを真実であると信じ込ませることができる。

人々はわが教えから離れるので、心に欲をほしいままにして、進んで罪を受け入れるだろう。目的意識も無く彼らは常に恵みから離れるだろう。わが名が地上から消し去られたとき、人間は神を見出すことができなくなるだろう。

神へ達する唯一の道は私、神のひとり子であるゆえ、あなたたちがいかなる宗教にしたがっているかは関係なくである。わが十字架上の死によって、私は、今日地上に生きているすべての男、女、子供を含むあなたたちを地獄の火から救った。あなたたちが聖子のことを受け入れなければ、あなたたちは楽園の門を潜れない。あなたたちが聖父にまみえることができるのは聖子を通してのみである。私、イエズス・キリストを拒むことは、自分の救いを拒むことなのだ。

いかにあなたたちは罪について、またそれがあなたたちを神から引き離すということについて学んでいないことか。神が世界を創造してこの方、罪の拡散がこれほど猛威をふるったことはなかった。あなたたち罪びとは、私に嫌悪を催させる新たな深みに達した。あなたたちは、あなたたちの世話に委ねられた幼い子さえ露出させ、デーモンの様に振る舞ってきた。あなたたちは互いに慈愛、愛、憐みを欠いている、それでいてあなたたちの多くが、見られ、褒められるべく自らの信仰の行いを世間に誇示するのだ。まさにファリサイ人が神の掟を押し付けながら実行もしなければ謙遜をも示さなかったように、あなたたちの中でわが名によって来たという者たちがプライドの罪に屈するのだ。

依然としてあなたたちは、尚も聞く耳を持たぬ者たちのいる、わが声とわが教えについて学ぶ必要がある。そして、自分の持てる時間のすべてを神に関する自分たちの知識を語ることに費やし、未だこれから明らかになる預言について自分たちは知っていると言いながら何一つ知らないという者たちがいる。わが大いなる憐みがなければ、あなたたちはわが王国に入るにふさわしくはないのだ。

主の道において神の子供たちを導くという者たち全てにとって、私、イエズス・キリストに謙遜の賜を乞い願うその時が来た。今はあなたたちが、あなたたちに与えられている真実に耳を傾ける時である、あなたたちが、わが眼において自らを贖うための時間はそれほど無いからである。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM