わが言葉は終わりである。それは最後のものである。他の言葉はあり得ない

わが言葉は終わりである。それは最後のものである。他の言葉はあり得ない  
2013年5月13日  4:38pm

わが愛しき最愛の娘よ、わがレムナントアーミー(残った軍隊)は、今、急速に増え、それは58か国に広まるだろう。 あなたたちの中にリーダーたちが生まれ、あなたたちがどこにいようとも、イエズスが人間の祈りのグループに対して形成する編隊によって一致しなければならない。

先ず、私に従う者たちをあなたたちの集団に連れてきて、次に、あらゆる種類の教義に従う者たちを連れてきなさい。私は、他の者たちよりもある者を特別に愛するということは決してない。私は、あなたたちが、私を信じない者たちに語ることを願っている、そうすれば、大警告のあいだに彼らに真実が示されるということを、彼らに約束する。彼らは私を拒否することの困難なことを知るだろう。私は、驚きとショックを与える方法で、彼らの霊魂を飲み込むからだ。わが祈りのグループが始められるすべての国に、わが聖なる霊が下るだろう。

私は、すでに目撃されてきた奇跡―あなたたちの中の、哀れな病人たちの心を、霊を、そして身体を癒してきた奇跡の数を増やそう。私に願う者の中にしみこませるわが存在によって、あなたたちは私を知るだろう。あなたたち―わが王国での終わりのない生命を享受するために選ばれたかくも多くのこの世代の者たちは、実に恵みを受けた者たちである。死は、あなたたちによって滅ぼされるのだ。悪は、あなたたちの忍耐の力によって滅ぼされ、罪があなたたちの霊魂を損なうことはもはやなくなる。

わが子供たちよ、成されなければならない仕事は多い。わが十字軍の祈りによってあなたたちを導かせてほしい、十字軍の祈りは、真理に対してあなたたちの眼を開かせるからだ。ひとたびあなたたちが真実を悟ったならば、あなたたちは、何をすべきかを心で知るだろう。忠告しておく―あなたたちが、真実を語ることを拒絶されたなら、あなたたちは沈黙しなければならない。その者のために祈りなさい、彼らもまた、『真理の書』を受け入れる恵みが与えられるからだ。

わが言葉は終わりである。それは最後のものである。他の言葉はあり得ない。2010年の11月にこのミッションが始まってからこの方、私の名によって語ることを宣言する者はだれであれ、そうする権利はない、それらの者たちは私からの者ではない。このミッションがはじまる前からの預言者たちで、やはり私の名によって語る者たちは祝福された者たちで、引き続き私は彼らを護る。私は、これらのメッセージを通して世界に語る。わが最愛の母、汚れなき乙女マリアもまた、彼女の神秘家たちを通してお語りになり、やはりわが母のミッションも私は祝福する。

サタンの軍隊には、甘い声で語る多くの偽りの預言者たちがいるということを知りなさい。安心させるような、愛のこもった、むなしい約束でカモフラージュされた言葉で、彼らは私の語ることと正反対のことを言う。わが声だけがあなたたちに真理を語るのだということを知りなさい。私の声だけが、実際にこれから起こる事を語るのだ。私、イエズス・キリスト、あるいはわが最愛の聖父に代わって語る権威が与えられているということは何人(なんびと)にも不可能であるし、また与えられることもない。

この啓示によって慰めを受けなさい、そして聖なる三位一体だけが、炎をもってこのように語り、それはプライドを持たない、私に対する謙遜な愛に満ちたすべての霊魂を飲み込むのだ。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM