わが父によって、預言者モーゼを通してこの世に与えられた十戒は、人間によって

わが父によって、預言者モーゼを通してこの世に与えられた十戒は、人間によって書き換えられつつある    
2013年7月8日 5:00pm

わが愛しき最愛の娘よ、あなたたちが、罪人にはほとんど希望がないと感じるときにはいつも、わが大いなる憐みには限りがないということを思い出してほしい。私が抱きしめたいとは思わず、また救いの賜をもたらしたいとは思わない者は、ひとりとしていない。私は、あなたたち皆を愛している。贖いの賜によって、私は嘆願する者すべてを赦す。だがこのことは、重大な罪を犯す者を私が罰しないということを意味するものではない。

わが父によって、預言者モーゼを通してこの世に与えられた十戒は、人間によって書き換えられつつある。人間が罪を容認できるように、それはバラバラにされ、歪曲され、新しい意味を付加される。あなたたちは、偽りの神々を偶像化し、そのことを正当化する。あなたたちがわが父をこのようにして侮辱するとき、あなたたちは嘘を生きているのだ。だが異教徒は真理を示されると痛悔し、私は彼らを抱擁するために待っているだろう。

あなたたちは互いに殺し合い、殺すときに、単に憐みを示しているのだという。あなたたちは殺人、死刑、安楽死、堕胎を合理化し、それらのことはよいことだと言う。神の聖なる掟を改竄(かいざん)することで、すべての命の創造主であり、天地の創造主に背くことは、悪の極みである。だが、あなたたちが真の痛悔を示すなら、私はあなたたちをもわが腕に抱きしめるために待っている。

あなたたちは自分のものではない物を奪い、自分たちの欲望をさらに満たすために貧しき者たちから盗む。あなたたちは、人間の尊厳を汚すひどい肉の罪を犯し、囲いの中に解き放たれた野獣のようにふるまう。あなたたちの惨状は神の眼に嫌悪を催すものであるが、もしあなたたちが私を呼び、憐れみを乞うならば、私は忍耐強くあなたたちのそばで待つだろう。あなたたちが、神の存在を否定することで神を冒涜し、自分たちと共に神の子どもたちを獣と共に地獄へ引き入れようとするとき、それでも私は、あなたたちが立ち返り、私自身をあなたたちに知らしめるように願うなら、私は待っている。

真理を受け入れながら、私よりも自分の必要を優先させるがために、もはや安息日に私を敬うために時間を割かない者たちに言う。あなたたちは非常に私を傷つけている、あなたたちはすでに自分が神の子であると知っているからだ。

あなたたちはあなたたちの父の家を去った。そしてあなたたちは頭上に屋根がなくなった時に初めて帰って来るのだ。私はあなたたちの帰りを迎えるべく待っている。

あなたたちの親に対する愛と尊敬がなくなったように、神への愛はなくなった。あなたたちの心は非常に頑(かたく)なになってしまったので、あなたたちは本来親に示すべき愛、あるいは注意を示さない。

あなたたちは、もっとも不敬なやり方でわが名を用い、日常的に神を口汚くののしるが、私が望む形で私に語りかけることはしない。あなたたちが他人を中傷するとき、それは私を中傷しているのだ。あなたたちが人の評判を傷つけるとき、あなたたちは私の愛を損なっているのだ。しかし、あなたたちが痛悔を示すなら、私はあなたたちを許す。

あなたたちは婚姻の制度をないがしろにし、この至聖なる秘跡を悪用しているとはつゆ思わない。神を認めることもなく、また認めることもできないのに、婚姻において神の祝福を求め続けることは、さらに神を侮辱することである。だが、あなたたちは神を侮辱し続けるのだ。

現世的な物にあなたたちは非常に執着し、危険な野心に取りつかれているため、あなたたちは邪魔になる者たちを排除する。それにもかかわらず、 もしあなたたちが私に立ち返るなら、私はあなたたちに憐れみを示そう。

聖霊への冒涜を除いては、赦されないほど悪い罪というものはない。私は、あなたたち皆が良心を糾明し、もう一度私と和解するよう願っている。

私は忍耐である。私はあなたたちの救いである。私は待っている。すぐに私のもとに来てほしい、私は計り知れない熱情を持ってあなたたちを愛しているからだ。私はあなたたち皆を救い終えるまで休息はしない。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM