マリア・ディバインマースィー

わが永遠の王国への道は、鋭利な石や巨石だらけである
2012年11月4日   日曜日 17:45
 

わが親愛なる娘よ、権利のために戦うことなしに信仰を強く保ち続けることができるなどと、何人(なんぴと)も考えてはならない。

神への信仰を邪魔だてする多くの障害が存在するが、祈りの中に忍耐する者だけが、霊魂の中に神への愛の火を灯(とも)し続けることができるのだ。

わが永遠の王国への道は、鋭利な石や巨石だらけである。それは素足で何マイルも歩くのに似ている、あなたたちはあらゆる傷を負い、激しい痛みに襲われ、歩を進めるごとによろめくのだ。そのために、多くの善意の者たちが路傍に倒れる、旅路は困難なものであるからだ。あなたの人生においてあなたたちが私に従うとき、それは常に苦しいものとなる。あなたたちが「イエズス、私の苦しみを受け取ってください、私を癒し、私の十字架を受け取ってください」と言いうまでは、決して楽にはならない。その時初めて、あなたたちは、わが栄光に満ちた王国への旅路を私に従てゆくことが容易になるのだ。

最後の日まで神を愛する者たちは、これから全ての段階で磔刑を経験することになるだろう。

わが再臨に向けて、キリスト教徒、そして至高なる神であるわが聖父(ちち)を愛する全ての者たちは、わが受難の苦しみを耐えねばならないだろう。

それは、神など存在しないという非難と共に始まるだろう。私は、神の子として公けに非難された。今回は、至高なる神が拒まれるだろう。時と共に、異教の法が導入されるにしたがい、すべてそれらの信徒たちは、鞭うたれ、迫害を受けるだろう。しかし、主の道を知らない多くの者たちは、個人的な快楽追求に夢中なあまり、このような忌まわしい事に気を留めることはないだろう。その時、唯一の真の神への忠誠を敢えて公けに表す者たちには罰が加えられるだろう。彼らは容赦なく扱われ、隠れてわが聖父を敬わなければならなくなるだろう。日々の犠牲(いけにえ)―ミサは、前もって言われてきたとおり、途絶えるだろう、偽りの預言者が新しい形式のミサが行われることを宣言し、古い形式はもはや価値がないと言うだろう。

聖体におけるわが現存は消え去り、命の糧が神の子供たちを養うということはもはやない。それから、自分たちが神の名において語っていると臆面もなく言う異教の者たちの上に、神の手が振り下ろされるのだ。彼らの獣への忠誠心は多くの者たちに影響を与え、彼らに誤って導かれる者たちを闇の牢獄の中へと誘(いざな)ってゆくのだ。最終的に、彼ら、全ての神の子供たちが自ら選択をしなければならなくなるまで、分裂は募ってゆくだろう。彼らは、神の名において語ると言う偽りの預言者によって示される偽りの幻影に従うか、あるいは真理に従うかのどちらかである。

あなたたちが、獣の代理であるそれら偽りの司祭たちからの圧力に耐えうるほど十分に強いと思ってはならない。彼らの影響力は強い。私の助けがなければ、あなたたちはわが教えに背を向ける誘惑に駆られるだろう。

それらの時が訪れる前に、目を覚ましなさい。毎日、助けを求めて私を呼びなさい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM