わが教会は私を信頼しなければならない。彼らは恐怖と疑念の足枷を取り除き、私に

マリア・ディバインマースィー

わが教会は私を信頼しなければならない。彼らは恐怖と疑念の足枷を取り除き、私に私自身を知らしめさせねばならない
2012年6月28日   木曜日    15:00

わが親愛なる娘よ、預言者としてわが名において来ると公言しながら天の舌で語るのではない者たちはその数を増しつつあるということは知られねばならない。

これらの者たちの多くは堕天使の影響を受け、注意深く文章を組み立て、それでいて愛に満ちた調子であなたたちがわが聖なる声に期待する内容を思い起こさせる様にして語るのだ。

おお、今なんとわが哀れな信心深い従者たちが欺かれていることか、そしてこれからいかに彼らが混乱することか。誰を信頼すべきか。誰に従うべきか。誰を信じるべきか。

多くの者がわが名によって来るが、わが声で語る者は僅かしかいないと私は言わなかっただろうか。

神の言葉を世に与える許しを得ている者は二十人に満たない、そしてそれにはわが最愛の母によって天のメッセージが与えられる者たちをも含む。

世には他の幻視者たちも存在するが、彼らのミッションは別のものである。

彼らの役割は、人類を救うための日々の祈りの中の一つでありうるし、あるいはまた、サタンから霊魂を救うための私への供物として捧げられる個人的苦しみでもあり得る。

このように厭わずに捧げられる犠牲は、多くの、多くの者たちに対するサタンの力を粉砕する。

わが預言者はほんの僅かであり、あなたたちは、ある意味で無視しがたい形で神の子供たちの心と霊魂とを打つ、わが真の声によってわが預言者を知るだろう。

この時代に世に与えられるわがメッセージは詳しく語られ、以前には明らかにされなかった真実を明らかにする。

今、私があなたたちに与えることの多くは、単純にあなたたちにわが教えを思い出させるためのものである。

今、私があなたたちに差し出すものの多くは、わが再臨に際して、あなたたちの霊魂を、また他の者たちの霊魂を救う助けとするための、わが十字軍の祈りによってあなたたちに与えられる生命の糧である。

他の者たちに与えられる多くの他のメッセージは同様のものではあるが、これほど詳しくはない。

それらの者のミッションは、人々を回心させるうえでまさに重要である。

常にこのことを頭に入れて置きなさい。私は、いかに私があなたたちを愛しているかを、またわが存在の真実をいかに明らかにしたいかをあなたたちに示そうとしているのだ。

まもなく、このことの証拠は終(つい)にすべての神の子供たちに明らかにされるだろう。

霊的知識に関して、あなたたちの間で互いを出し抜こうとして争わないでほしい。

真実とはこうである。

『啓示の書(ヨハネの黙示録)』に隠されている封印された真実を知る者はひとりとしていない。

以前あなたたちに語ったように、今―終わりの時までそれらの真実は『啓示の書』の中に封印されたのだった。

私、イエズス・キリストは、わが新しき王国にあなたたちを準備させるため今、これらの真実を明かす。

あなたたちを備えるためにあなたたちには聖書が与えられた、そして今、あなたたちは、私、人類の王が、これから起こることの真実をあなたたちに語ることを容許せねばならないのだ。

そうすることで私は、欺瞞と迫害と憎悪の地雷敷設域を通って、あなたたちを導いてゆくことができるのだ。

地上のわが教会のすべての成員を含むあなたたちすべての者たちよ、私に、これらの最後の困難を乗り越えてあなたたちを永遠の命へと連れてゆかせてほしい。

わが教会は私を信頼しなければならない。彼らは恐怖と疑念の足枷を取り除き、私に私自身を知らしめさせねばならない。

その純粋で単純な形においてわが愛を認めなさい。

わが愛は洗練されたものではなく、また神秘的な言葉で飾られてもいない。

わが愛を知ることはあなたたちにとって簡単だが、わが愛は憐みに満ちているので、あなたたちが高慢と恐怖の鎧を脱ぎ捨てたときに、それは認識の炎の様にあなたたちを貫くだろう。

そうなったなら、あなたたちが私、あなたたちのイエズスに従うことは一層容易なこととなるだろう。

最初に私は救い主としてやって来た。

この最期の時に、私はもう一度救い主としてやって来る。ただ今回は、わが義務は一層重いものとなる。

この世で神の愛は死んだ。そのかすかな炎が揺らめいているだけである。

もし、今、わが再臨が起きたなら、ほんの僅かな者だけしか楽園に入らないだろう。

大警告―わが神なる憐みのわが賜物は、人類の大半が回心するその手助けとなるだろう。

私がわが群れを準備するのを助けてほしい。私がすべての神の子供たちを救う手助けとして、私は地上のわが教会―聖職者も平信徒も必要としている。

私が手を差し伸べ、すべての国々にわが呼びかけをするとき、どうかわが手を受け入れてほしい。

私、あなたたちの最愛のイエズスの元に来なさい。

今度こそは私に従いなさい。

ファリサイ人がしたように私を拒絶してはならない。今回、あなたたちはわが声を聞き分けなければならない。

今、あなたたちは私がどのように語るかを知らねばならない、あなたたちには聖書が与えられているからである。

あなたたちのイエズス


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM