わが教会は真理の上に建てられたのであり、その唇からは真理のみが語られなければ

マリア・ディバインマースィー
わが教会は真理の上に建てられたのであり、その唇からは真理のみが語られなければならない
2013年10月27日 日曜日   23:30

わが親愛なる娘よ、わが教会が、思い上がった俗世間から支持されるとき、その時はその二つの存在が一つとなる時が近づいたと知りなさい。わが教会が俗世間を受け入れ、それによって意向が政治的になり、政治的に経済的に世間的評価を得ようとするなら、その時は、私はそのような行動を大目に見ることはないと知りなさい。

わが教会は私の言葉の上に建てられたのだ。わが教会は真理の上に建てられたのであり、その唇からは真理のみが語られなければならない。罪に対してわが権威によって教会が語るとき、そのことで常に非難される。人間は常に罪を擁護するからである。人は、自他の生活おいて罪をますます受け入れるようになり、あらゆることをして地獄を無意味なものとしようと努める。わが教会がこの世のこと、この世の苦悩、問題、人間の苦しみだけを語り、神の言葉について語らないなら、教会は自(みずか)らを私から切り離すことになるのだ。教会内で、私が教えたことに忠実である者たちだけが、真(まこと)にわが教会に属すると言える。わが教会は、真理を語る者たちのみで構成されるのだ。

教会内の者たちが私、イエズス・キリストを退けるなら、その時には邪悪な霊が彼らの領域に入り込んだのだ。私はわが教会から締め出されつつある。私はもはやかつてのようには敬われていない。わが言葉はもはや真理を宣言するために使われていない。それは私から来たものではない、また決して私から来ることもないであろう言葉、行ない、行動を許容するために歪曲(わいきょく)されつつある。わが言葉は決して変えられてはならないものであり、わが言葉を取り去り、汚す者たちは誰であれ永遠の罰を受ける。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM