わが名によって他人を裁き罵れば、あなたはわが顔につばを吐きかけることになるのだ

マリア・ディバインマースィー

わが名によって他人を裁き罵れば、あなたはわが顔につばを吐きかけることになるのだ
2012年1月7日  土曜日   15:40

わが親愛なる娘よ、わが従者たちが自分たちの間で、これらのわが聖なるメッセージの真正について言い争っている間に、ますます多くの者たちが私から離れ続けるのだ。

あなたたちの中で私を知っていると言う者は、私に対するあなたたちの愛が証明されねばならないのだということを確信しなさい。

私を愛しているというだけでは十分ではない。あなたたちは第一に隣人を愛さねばならない。どのように隣人を愛するか。彼らに愛を持って接し、どんなに彼らがあなたを傷つけようが、彼らを敬うことによってだ。

災いなるかな、わが名にによって他人(ひと)を中傷する者たち。あなたたちは、私にとっては失われた者である。心に謙遜もなく、わが名によって他人を裁き罵(ののし)れば、あなたはわが顔につばを吐きかけることになるのだ。

他人を中傷し、公けに憎悪を示すなら、あなたは私を表しているとは言えない。

だが、わが聖なる使徒としてふるまう者たちの多くが、躓(つまず)かせるために彼らを狙ってサタンによって仕掛けられた罠にはまるのだ。

何と愚かな。赦しを願って祈りなさい、兄弟姉妹の救いのための祈りに時を費やす方がはるかにましだ。

わが名によって来ると言うそれらのわが従者たちが、私が教えた通りにふるまうことをどんなに私は願っていることか。わが眼に謙遜であるために精いっぱい努力する哀れな者たちを、どれほど彼らは傷付けることか。

わが神聖なる唇で語られる、この、終わりの時の、この種の最後のものであるこれらの聖なるメッセージに関しては、識別が特に必要とされる。

私が誰であるかということやわが教えについて、欠陥ある理解に基づいたあなたたち自身の意見を創出しては決してならない。

とりわけ、私は、裁く神である前に先ずもって憐みの神である。

私はあなたたち皆を愛している、だが私は今日、ゲッセマネの園で経験したのと同じ苦しみを味わっている。あなたたちを邪悪なるものから救い出すまで、私は決して休息することはない。

私が苦しまないと言う者は誰であれ私を知らないのだ。わが名によって他人を裁く権威を与えられていると考える者は誰であれ私を愛してはいないのだ。それどころかその者は自分自身を愛しているのであり、高慢なのだ。

他人を脅して私を信じさせようとして、他人の鼻先で指を振る者は誰であれ、やはりわが愛と謙遜、忍耐の教えを誤解している。

多くの善意のキリスト者が、自分の役割はわが教えを分析し、再評価することだと信じている。だが彼らの分析は人間的、論理的理性に基づくもので、それはわが王国においては何の価値もないものである。

私があなたたちに、わが眼に小さき者であれと促すとき、それは疑問を抱かない幼い子供の様であれという意味である。心に恐れを抱くことなく父親を完全に信頼する子供の様であれという意味だ。

わが眼に小さき者となるまで、あなたたちはわが名によって語るにはふさわしくはない。

私が求める謙遜さをあなたたちが見出したとき、そのとき初めてあなたたちは私が霊魂を救うのを助けることができるのだ。

あなたたちの師
人類の贖い主
イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM