だから今、あなたは、なぜあなたがヴィジョナリーたちと違うかを理解しなければ

マリア・ディバインマースィー

だから今、あなたは、なぜあなたがヴィジョナリーたちと違うかを理解しなければならない。それは、あなたが預言者、終わりの時の預言者ゆえである
2012年7月13日   金曜日    23:05

わが親愛なる娘よ、あなたは、預言者の役割がヴィジョナリーの役割とは異なるということを悟らねばならない。

預言者とは常に、のけ者、憎まれ者、そして孤立者なのだ。

預言者とは常に、あたかも荒れ野に追いやられたかのように孤独の中に働くのだ。不毛の荒れ野にあって唯一の実りは神の声である。

わが娘よ、あなたが孤独の中に見捨てられたように感じるときには、それは、過去の預言者たちが感じたことであると知りなさい。多くの預言者たちは、彼らの前に置かれたこの仕事の重みを感じていたのだ。

彼らのほとんどが自分が神の聖なる言葉を伝えるに値しないと知っていた、だが、彼らは遣わされたゆえに天からの神の呼びかけを受け入れるのだ。

世に遣わされたゆえに、彼らは、果たさなければならない義務を直感的に知っていた、しかしそれは簡単なことではなかった。

預言者たちが語った一語一語が彼らの顔に投げ返されたのだった。

全ての言葉が、神を礼拝するために建てられた礼拝堂や神殿でずたずたに引き裂かれたのだ。多くの預言者が、地元の人々に追放され、故郷に帰ることができなかった。

多くの預言者が流浪者となり、戻った息子のように暖かく迎えられる地を見出すことは決してなかった。それどころか彼らは働き、生活し、孤独で頼る者とてなかった。

しかし彼らは心では自分たちが神に導かれていることを知っていて、神の声で語るゆえ恐怖心を抱くことはなかった。

彼らに与えられた恵みが彼らを強くしたのだった。彼らは、神の子供たちに、警告を、預言を、神の言葉を伝えることにおいて挫けなかった。

彼らは、神の真理が命の糧であるということを知っていたので、笑われることは大したことではなかった。

真理なしには、神の子供たちは、前もって言われた預言を認める術を持たなかっただろう。人類の善のために神によって定められた掟をもまた受け入れることはできなかっただろう。

まさにわが地上での時のあいだにそうであったように、拒絶され、嘲笑され、追いやられ、頭がおかしいと思われ、それでも彼らは神の言葉を伝えた。彼らの言葉は永遠に生きる。彼らが主、至高なる神の言葉を語ったゆえ、彼らの言葉が死ぬことは決してない。

あなたの場合もそうだ。あなたは荒れ野での声のように孤独となるだろう。

あなたは、地上のわが教会の多くの者たちに無視されるだろう。

この時代の特別なところは、これらの預言があなたが生きている間に実現し、真実がこの世代に証しされるということだ。

大警告が立証される時、その時人々は信じるのだ。

封印された預言、それを私が解いてその内容をあなたたち明かすときもまた、私があなた、第七の天使、第七のメッセンジャーを通して語っているということが証しされるのだ。

あなたは聴かれることになるだろうが、あなたに疑問を投げかける者や挑んでくる者たちには沈黙し返答しないよう強く私は言っておく。

あなたは、まだメッセージの意味を理解できない。やがては理解するようになる。それまでは、あなたにはわが言葉を擁護する権威は与えられてはいないのだ。

あなたが知識を欠いていることで、あなたをつまずかせる目的で、あなたをだまし応えさせようとする多くの試みがなされるだろう。であるから、私が指示を与えるまでは、あなたは沈黙し、孤高を保ち、そして匿名でいなければならない。

今こそあなたは、なぜ自分がヴィジョナリーとは異なるかを悟らねばならない。それは、あなたが預言者、終わりの時の預言者であるがゆえである。

このミッションは天によって護られており、潰され得ない。

平和と悟りの中に行きなさい、わが娘よ。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM