その伝染病はエイズよりも広範囲に広がるだろう

その伝染病はエイズよりも広範囲に広がるだろう
2013年5月7日 火曜日   22:35

わが最愛の娘よ、この二日間、あなたはいかに心を取り乱し、自分自身、私から逃れるにまかせたことか。この逸脱が何をもたらしたかあなたは知らないのか。たった一日聖体訪問をしなかったことによって、あなたは私が教えた通りに自分自身を護ることなしに、捕まり、わが名において虐げられたのだ。私が指示したことは、毎日私の前に来て、わが母が、あなたがこの仕事をする上で必要な保護を与えることができるよう、聖なるロザリオを祈るということだった。

私のそばにいるかくも多くの者たちが、どんな苦しみもわがミッションを遂行する妨げにならないと信じるに足る自信を得るが、それは導きを願って私に祈るときにのみ可能となることなのだ。

わが娘よ、ある伝染病の始まりが間もなく目にされるだろう。わが聖父を侮辱する国々、また貧しい無垢なる者たちに悪と不正が及ぶのを許している国々に罰が下されるからだ。この伝染病は顔に現れ、その炎症による腫れは、大天罰が過ぎ去るまで癒されることはないだろう。その伝染病はエイズよりも広範囲に広がり、それは下される天罰の最初の印の一つとなる。その後には地上の三分の一に及ぶ飢饉がある。その伝染病は反キリストの統治の間に目にされるだろう。

反キリストの支配が蜘蛛の巣のように広がるに従い、わが聖父の御手による一連の天罰もまた世界中のいたる所で見られるだろう。神の介入は、反キリストの力を通して獣が霊魂を強奪するのを阻止するその一助となる。獣の従者たちは、ひどい罰に苦しみ、それは伝染病によって彼らの顔に見られるだろう。彼らはこの厳しい天罰から逃れるこはできず、また地上のわが教会に邪悪な虚偽をもたらす者たちもまた逃れることはできない。

この警告は、わが正義の手を疑う者たちが、ノアの時代にそうであったように、神に背を向ければ人間は苦しむことになるということを、最後には悟るように与えられているのだ。

戦争と堕胎の罪による、わが聖父への決定的な侮辱は、わが聖父の最も重い天罰を人類のうえにもたらす。残酷に、無慈悲に取り去られる胎児の命は、身体の死、そして霊魂の死の罰を求める。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM