そしてその時、まさに彼らが私を忘れ去ったとき、わが教会は甦る

そしてその時、まさに彼らが私を忘れ去ったとき、わが教会は甦る、ちょうど私が蘇ったように
2013年5月19日 8:08pm

わが愛しき最愛の娘よ、わが新しき楽園においては、神を愛する子供たちの上に、死はもはや何の力ももたない。

悲しむべきことに、このメッセージは、新しき天と地によってこの地球が捨てられるときに自分たちは死ぬのだと思っている者たちに、不必要な恐怖を与えるだろう。それは真実ではない。わが心にかなう者たち、またわが憐みの手を受け入れる者たちには、命の賜物が与えられる。大警告が起こったのあとでは、あらゆる宗教の者たち、非キリスト、不信仰者、無神論者でさえが私を信じ、わが賜物を受け入れるだろう。それは私が獣を打ち破った時である、そのとき私はこの世に生存する多くの者たちに永遠の命を与える。

獣によってアダムとイヴに導入された罪は、存在しなくなる。わが憐みが罪を打ち負かすのだ。まさに罪が肉身を滅ぼすように、わが光は人類に永遠の命をもたらすのだ。わが新しき楽園においては、死、病、老齢はもはや存在しない。わが選ばれた子供たち―大勢の者たちは、わが父の御旨と一つになった、完全な肉身、霊魂を持つ。彼、わが父は、アダムとイヴに永遠の命をお与えになられた、だが彼らをそれを拒んだのだった。その結果、二人とそのすべての子孫から、楽園と永遠の命の賜物が取り去られたのだ。今や、ついにそれが変わる。この、わが契約の最後の段階で、わが命、死、復活は、今、再び行われなければならない。わが教会は、私がそうであったように迫害を受けてきた、そして今、残酷な殴打、痛ましい攻撃、完膚なきまでに打倒されたと見える状況を、教会は耐えることになる。そして、磔刑に処され、捨てられるとき、それは焼かれて忘れ去られたように見えるだろう。

異教が栄えるだろう。しかしそれは、邪悪なるものの影響を受け導かれるゆえに、慎重にその真の姿を表さないだろう。それは、新しい形の社会正義、新しい形の人道主義として世に示され、あらゆる人間的必要性に迎合するだろう。それらの必要性とは、罪を犯す権利を含み、それらの、神に逆らう罪は、人間の道徳的権利とみなされるだろう


この不正な、世界統一宗教が、いかに、私、イエズス・キリストにとって嫌悪を催すものであることか。彼らは私に背を向けるだけではなく、最も異様な方法で、わが十字架が置かれる場所にサタンの象徴を置くだろう。わがホスチアは捨てられるだろう。教会の祭壇では、異なった種類の犠牲(いけにえ)が奉げられるだろう。彼らが公けに崇拝するのは獣であり、その見返りとして、獣は彼らに多くの力を与える。それが、多くの者たちが、この嫌悪を催すものを統治する者たちが、奇跡的な力を持つと信じることになる理由だ。人々にはよき、公正な教会に従っていると思えても、それは闇を生み出すにすぎない。

祝賀行事や卑猥な振る舞いが、私、イエズス・キリストを敬うために立てられた教会で見られるだろうが、私はそこにいない。そしてその時、まさに彼らが私を忘れ去ったとき、わが教会は甦る、ちょうど私が蘇ったように。それは公けの場で生き返るだろう。それから私は、わが言葉に忠実であった者たち、また真理に目の開かれていた者たちを集める。それから私たちは、大いなる日を待ちながらも死んだ者たちと共に、新しき楽園へと昇ってゆくのだ


霊魂を救うためのあらゆるわが試みがなされた後、尚も私を拒む者たちは捨て去られるだろう。それから、わが統治が始まり、わが父によって私に約束された王国が形成される。

未来を決して恐れてはならない、わが新しき王国だけが、あなたたちの哀れな、苦しみに満ちた心を満足させるのだ。

あなたたちは、あなたたちが、この偉大なる賜物にふさわしい者となるために、あなたたち一人ひとり、すべての者のために祈らなければならない。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM