このミッションは、巨大な海洋航路定期船の救助につながり得る

マリア・ディバインマースィー

このミッションは、巨大な海洋航路定期船の救助につながり得る
2012年9月7日   金曜日   20:35

わが親愛なる娘よ、あなたは、そう感じたとしても決してこのミッションにおいて孤独の中に働いていると思ってはならない。

あなたは、世界中の多くの者たちがわが聖なる言葉を聞いていて、わがメッセージが霊魂を救っているのだということを知らねばならない。

このミッションは、巨大な海洋航路定期船の救助につながり得るのだ。多くの者たちが危険を警告されており、前もって救助計画を告げられている。もし彼らが耳を傾けるなら、彼らは、自分自身を救うだけではなく家族や友人の命も救うのだ。

多くの者が耳を傾けずに言う―「どんな危険があるというのだ」と。船が沈むとは思っていないので、彼らは救命ボートを受けつけないのだ。

「いいや」彼らは言う、「これは偽りの警告、偽りの警報だ」と。時が近づき、最後の日々が明らかになるにつれて、彼らはあらゆる所で安全な場所を求めてあたふたとすることだろう。山々が海に沈み、空が血の様に染まる時、彼らは爆発から逃れ、隠れようとするが、彼らが逃げおおせることはない。

わが聖父に対してひどい恨みを抱いているそれらの罪人たち、また自らの霊魂の汚れを知っている者たちは、滅びるだろう。獣の側につく彼らは、その段階で獣の支配から逃れようとするだろう。そのとき初めて、終に真実が彼らに悟られ始めるからだ、そして光は彼らにはふさわしくはない。闇だけが彼らの苦しみを和らげ、と同時にそれはまた彼らに酷い恐怖と苦しみをもたらす。

自分の霊魂の準備をするために必要な助けを拒んではならない。あなたたちは、世の悪は根絶されねばならないということを受け入れる必要がある。神の言葉の真実が示された後でさえ変わることを拒む罪人たちは、最後の戦いに生き残ることはできない。彼らは獣と共に火の海に投げ入れられ、しかもそれは彼らの苦しみの終わりというわけではない。それは苦しみの始まりに過ぎない。

あなたたちの霊魂の準備のためのわが業(わざ)を冷笑する者たちよ、あなたたちには、私に向うためのすべての機会が与えられる。すべての試みは、あなたたちを救うためになされるのだ。もしあなたたちが、あなたたちが浮いているために救命ボートであるわが手を受け入れないなら、あなたたちは苦しみのうちに沈むことだろう。他の者たちの祈りだけがあなたたちを救うのだ。

地球は何世紀もの間見守ってきたように思える。空も同様に見える。太陽はいつも見守っているように輝いている。月は晴れた夜には大きく現れ、人間は依然として神の創造に息をのむ。だが変化はすでに始まっている、そして私は用心深い者たちに次のことを言う。

あなたたちは変化を知っており、感じている。あなたたちの義務を果たし、人類の眼が真理に開かれるように、またすべての者の心が神の愛に開かれるために、祈りを用いなさい。

人類が救われ得るのは、すべての子供たちに対する神の愛と、神の呼びかけに対する神の子供たちの応答なのだ。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM