あなたたちは私を認めないゆえ、私を知らない

あなたたちは私を認めないゆえ、私を知らない
2013年10月13日 日曜日 6:00pm

わが親愛なる最愛の娘よ、あなたたちの中で、見捨てられていると感じ、この世へのわが愛に確信が持てない者たち、あなたたちは、私に助けを求めて祈ることを決して断念してはならない。あなたたちは、福音書によってこの世に与えられたわが聖なる言葉を支持するなら、時として、絶望感、恐怖、そして孤独感を感じるだろう。福音は依然としてあなたたちに提示されているゆえ、現在でさえ、あなたたちは孤独を感じる。なぜなら、わが聖なる言葉を通して教えたことをほんのわずかな者たちしか実践していないからである。

隣人を愛していると言いながら、隣人を中傷するとき、あなたはまだ私のものである。十戒を信じていると言いながら、それを自分の生活スタイルに合わせて守るなら、そのときは、あなたたちは真理に対して盲目である。私によって与えられる秘跡を受け、それを中断するとき、あなたは私を侮辱することになる。他人(ひと)にわが聖なる言葉を説きながら、神の眼に自分は他人よりも価値があると言って他人よりも自分自身を高めるなら、あなたは私に罪を犯すことになる。神の言葉は現代社会においてはもはや大事なものではなくなり、それは世俗的世界に順応させなければならないと言うとき、あなたたちは神の顔に唾することになる。私に関するあなたたちの知識が、これらのメッセージを通してあなたたちに与えるわが言葉より勝ると思い、またこれらのメッセージには誤りが含まれていると思っているなら、あなたたちは真理に対して無知である。あなたたちは私を認めないゆえ、私を知らないのだ

であるから、わが聖なる言葉を十分に理解していると思っている者たちでさえ、このミッションにおいて私を拒む者たちは、私を見捨てたのだ。あなたたちは特に、私の助けを願って祈らなければならない、あなたたちは、私なしでは無に等しいからである。

あたたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM