あたかも大警告が明日起こるかのように、常に、毎日準備していなさい、それは突然

マリア・ディバインマースィー

あたかも大警告が明日起こるかのように、常に、毎日準備していなさい、それは突然あなたたちの上にやって来るからである
2014年1月31日 金曜日 16:13

わが親愛なる最愛の娘よ、来るべき大警告について語るので、これから私が言うことを聞きなさい。わが介入なしには、この世のほとんどは獣の深淵へと落ちてゆき、神の光を見ることは決してないだろう。この奇跡がなければ、何十億もの霊魂が地獄へ行くだろう

であるからして、この「出来事」に対して準備をしなければならないということをあなたたちに思い起こさせねばならないのだ、それは多くの者たちにはそれがすさまじい苦痛、苦しみをもたらすからだ。それはあたかも、多くの者にとって煉獄の最下層に飛び込んだかのようだろう、そこでは霊魂を強烈な火で浄め、猛烈な痛悔の念を引き起こし、肉身の苦しみを引き起こすのだ。

多くの者たちが喜ぶだろう。しかしながら、私の前で犯した罪の行いに面と向かわなければならないなら、私に近い者たちでさえ、やはり苦しむのだ。わが憐みの光が彼らを包み込み彼らを恵みで満たすゆえすぐに忘れ去るのだが、彼らは羞恥心に見舞われる。私を全く知らない者たちは茫然とし、その多くが自分がすでに死んだものと思い、「最後の日」に私によって裁かれているのだと思うことだろう。彼らに真理が示されたとき、彼らもまた歓喜するだろう。次に、自らの罪深い生活を楽しむ、哀れでみじめな者たちは、ひどく苦しむだろう。ある者たちは倒れて私の足元に横たわり、わが光に対して眼を覆うことだろう、なぜなら、一人で、無防備なままに私の前に立つことは彼らには耐えがたいことだからである。彼らが私に憐みを請うことはない、彼らの私に対する憎しみは根深いからである。

最後に、私を完全に捨て去り、体においても霊魂においても自らを邪悪なものに与えた者たちは、あたかも地獄の底に入り込んだかのように、いっそう大きな苦しみを味わうことだろう。多くの者たちが私の存在に耐えられず、私の前で死んだようになるだろう。別の者たちは、私を大声で呼ぼうとするが、邪悪なるものに私から引き離されてしまうだろう。

しかしながら、私によるこの強力な介入が起こった後では、何十億もの者たちが回心し、自らを完全に私から切り離してしまった者たちの霊魂を救う私の手助けをするために、それらの霊魂のために償いを耐えるべく、彼らもまたわがレムナントチャーチに加わるだろう

万事はうまくゆくだろう、結局は私は「全憐み」「全善」「全愛」であるからである。私を愛する者は、わが愛の賜を豊かに受ける。彼らの中のわが愛はわが受難の有様を燃え立たせ、それが、わが憐みをもっとも必要とする迷える者たちの罪の償いのために大いなる犠牲をするよう、彼らを駆り立てるだろう。

あたかも大警告が明日起こるかのように、常に、毎日準備していなさい、それは突然あなたたちの上にやって来るからである。

あなたたちのイエズス    

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM